総合案内

CSR活動

牧歌の里では、思いやりの心と自然との共存を育むことを目指して、
理念を共有するNPO法人と様々なイベントを開催し、
皆様への理解を深めていただく催しを実施しています。

日本ホスピタル・クラウン協会

ホスピタル・クラウンとは、普段サーカスやステージ、遊園地などでパフォーマンスをしているクラウン(道化師)が病院で活動することです。「日本ホスピタル・クラウン協会」は現在、北海道から沖縄まで、日本全国83の病院で定期的に活動しています。(2017年3月現在)
毎日開催しているスリッパ飛ばし大会の参加費20円はすべて協会の寄付に充てています。また昨年、協会との協力でイベント「クラウン大集合」を開催しました。その日はおよそ20名のクラウンが園内をパレードし、2回のステージショーやチャリティーステージ、チャリティー募金も実施しました。
牧歌の里に来園してくれる子供たちはとびっきりの笑顔で遊んで行ってくれます。入院中の子供たちにも同じような笑顔が届けられたら、という思いは来園のお客様にも伝わっていると確信しております。

NPO法人 ホスピタル・クラウン協会
スリッパ飛ばしをする子どもたち

スリッパ飛ばし

クラウンの集合写真

クラウン大集合

NPO法人 マルハチプロジェクト

マルハチプロジェクトは、名古屋市内でビルの屋上で養蜂をし、環境指標生物であるミツバチとのふれあいを通じて都心の環境保全を考え、その大切さを伝えることを活動目的とした団体です。
一年に4回程度「採蜜体験」を開催します。紙芝居でミツバチのこと、ミツバチと自然環境のことを楽しく勉強した後、スケルトンの巣箱でミツバチも見てもらいます。
遠心分離器で蜂蜜を取り出す体験をしていただき、ハチミツを舐めてもらいます。添加物のないハチミツの味には皆さん必ず驚いています。花や動物を展示する牧歌の里で実施することは、自然の恵みへの感謝と食育をより深く届けられると信じています。

NPO法人 マルハチプロジェクト
はちみつを食べる人たち
隔王板を手に説明するスタッフ

牧歌の里とNPO法人との活動は、
理念を共有する者同士だからこそ発信できる
本来の啓蒙につながると思っています。